2008年05月24日

有名企業のキャッシングは使えるのか

最近ではIT企業が母体になったものから大手銀行の名前のキャッシングなど様々なキャッシングサービスが世の中にあふれています。そんな中でどんなキャッシングサービスを選んでいくか。 大手企業の中でもIT企業系のものはやはり窓口がないという最大の欠点を利点とし、コストが下がった分を利息を安くすることでアピールしています。 また、で様々なオプションを提供しているカードやブランド力を駆使した戦略で特典が用意されているカードや独自にキャラクターもののデザインのカードなどと言った別の部分でアピールする企業。そして、大手消費者金融はスピード力でアピールするという状態が続いています。 一方であまり有名ではないキャッシング会社はどういった動きをしているかと言うと、積極的な貸付で大手では借りられない人にも貸し付ける事で収益を維持しているようです。また、やはり細かい大手にはできないようなサービスで特定のシェアを守ることに成功しているようです。 今後、IT系企業の進出が進みさらにコスト競争になったときにそういった企業がどれだけ踏ん張れるか、そして最終的にサービスとコストパフォーマンスどちらをとるかという他の業界と同じ構図がキャッシングサービスの業界でもまた描かれようとしているようです。
posted by 金融王 at 02:11| キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一定期間無利息なキャッシングサービスを活用

可能な限り借りない方が良いのがキャッシングです。ですが万が一、ちょっとの間だけなら無利息でお金を貸してくれるキャッシングサービスがあったらどうしますか?万が一のためにカードを一枚作っておいてもいいかもしれません。また、なかでもお勧めなのが一度完済してしまえばまた新たに借り入れたときに無利息の期間が発生するタイプのものです。このタイプのキャッシングサービスなら本当に困ったときにキャッシングでカバーしすぐに返すと言ったこともできますこれによって助けられる機会も出てくるでしょう。さらに上手いようにカード同士で連携させることで支払う金利を最低限に抑えると言ったちょっと危ない方法もあります。最もこれで最終的に全てのカードを使ってしまって破産するというようなことになる危険もあるので十分注意が必要になるのですが。 それともう一つ、無利息期間があるキャッシングサービスは消費者金融系のものが多いです。つまり何が言いたいかと言うと、消費者金融系のものだと金利が高いと言うことは以前から話していると思います。無利息期間の後の金利には注意するべきだと言うことは重々覚えておくようにしましょう。
posted by 金融王 at 02:11| キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシングの利子

各キャッシング会社によって違ってはきますがだいたいの人が利用しているのは消費者金融系のキャッシングでしょう。そのほとんどが出資法ぎりぎりの金利、つまり29.2%で貸付を行っているのは知っているでしょうか。(ちなみにかつてはこの上限が40%だった時代もあります)たとえば25%の利子であれば100万円借りた場合の月々の返済が3万だとしたら金利は2万800円になってしまいます。つまり一万円も返済できていないと言うことになってしまうのです。このままではおそらく相当な月日を掛けて返済をしていくことになるでしょう。 また銀行や信販・物流系のキャッシングでは一桁%の貸付を行っているキャッシング会社のサービスもたくさんあるはずです。ダメ元でも構いません、申し込んでみるようにしましょう。少なくとも出資法ぎりぎりの金利で返済をしていてはいつになるか分からないでしょう。利息制限法の上限位で借りられるところを探すべきです。もちろんですが、返済をちゃんとしている人ならもっと良い条件で貸付を行ってくれるキャッシング会社もあるはずです。とくに有名な消費者金融なら条件が良いと思ったらそれは勘違いです。ちゃんとどういった条件で貸し付けているのかなどちゃんと把握できるようにすることが大切です。
posted by 金融王 at 02:11| キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。